ペニスの太さを増大させたいなら「ギムリス」を半年試してみよう

ギムリス口コミ > ペニスの太さを増大させたいなら「ギムリス」を半年試してみよう

ペニスの太さを増大させたいなら「ギムリス」を半年試してみよう

●ギムリスに含まれるクラボワスカという精力剤の成分

 

世の男性ならば誰しもが一度は試したことがある精力剤。

 

 

 

そんな精力剤に今非常に注目されている成分があるのです。

 

それが「クラボワスカ」。

 

アマゾンの熱帯雨林地域にのみ生息する希少で非常に大型のつる植物です。

 

古くからアマゾン地域の先住民であるカヤップ族、シピボコニボ族、アスリニ族という少数民族はクラボワスカを精力剤として用いてきた歴史があるのです。

 

 

 

このクラボワスカが含まれる精力剤である「ギムリス」が国内でもジワジワと人気が高まっています。

 

どのような点が精力剤マニアに好まれているのでしょうか?その鍵は「ペニス増大効果、特に太さを改善する」というところにあるようです。

 

 

 

●クラボワスカは何に効くのか

 

精力剤と言ってもどれも同じような効能を持つわけではありません。

 

大きく分けると「精液分泌を増やす効果」と「ペニスの増大効果」の2つの効果を持つことが多く、クラボワスカはどちらかと言えばペニス増大効果の方が強い精力成分です。

 

 

 

少数民族の男性にとってペニスの大きさというものは自らの子孫を繁栄させる上でとても重要な要素。

 

現代の一般社会においては仕事やお金、顔やファッションセンスなどで女性は男性を評価する傾向にあります。

 

しかし少数民族においては「いかに男性らしいか」という点が非常に重要視されるため、男性機能の最たるものであるペニスの大きさは少数民族の男性にとっては死活問題でもあるのです。

 

 

 

そのため、現代においてもアマゾン流域やオーストラリアの少数民族においては独自のペニス増大成分を伝統的に受け継いでいるのです。

 

クラボワスカはアマゾン流域における少数民族の反映に大きく関わっていると言っても過言では無い精力成分なのです。

 

 

 

●クラボワスカの国外持ち出しが解禁された

 

そんなクラボワスカですが、長いことブラジル国外への持ち出しが厳しく制限されているという事情がありました。

 

なぜならば、国外企業によって大規模に乱獲されてクラボワスカの自生数が極端に減少してしまうのではないかと、ブラジル政府およびアマゾン川流域の少数民族によって強く懸念されていたからです。

 

 

 

それが2010年代に入って徐々に国外輸出制限が緩和されたために、今ではごく一部の国外企業が精力剤として使えるようになってきました。

 

 

 

●ギムリスは日本国内初のクラボワスカ解禁精力剤

 

そういった経緯を経て日本国内でもようやく発売が解禁されたクラボワスカ精力剤こそが「ギムリス」なのです。

 

 

 

ギムリスはクラボワスカを60000mg配合した精力剤です。

 

海外で発売されているクラボワスカ入り精力剤でも、ここまでクラボワスカを配合したものはありません。

 

名実ともに世界ナンバーワンのクラボワスカ量を誇るのがギムリスなのです。

 

 

 

●シトルリンに裏付けされるギムリスの効果

 

ギムリスにはクラボワスカに加えてもう一つの主成分「L-シトルリン」が配合されています。

 

L-シトルリンはクラボワスカとは対照的に精力剤としては王道中の王道、まさに黄金配合とも言えるぐらいにほとんどの精力剤に含まれている精力成分です。

 

 

 

シトルリンには様々な効果がありますが、最もよく知られているのがペニスへの血流効果の改善です。

 

ペニスの海綿体への血流流入を改善することで勃起しやすくなり、またペニスの増大効果も見込めるというわけです。

 

 

 

ギムリスへの配合量は1粒あたり750mg。

 

これは精力剤の中でも非常に多いと言える量です。

 

シトルリン単体のサプリメントであればこのぐらいは珍しくありませんが、精力剤として様々な成分が配合されている中で1錠あたり750mgはかなり多いです。

 

シトルリンの10倍濃縮することによって小さな錠剤に大量のシトルリンを詰め込むことが可能になっていて、このあたりが他の精力剤の中でギムリスの存在感が頭一つ抜けだしている要因となっています。

 

 

 

●ギムリスの血液流入改善でペニスはどの程度増大するのか

 

クラボワスカとL-シトルリンという2つの海綿体への血流増大成分を配合したギムリスはどの程度ペニスの増大効果が見込めるのでしょうか?

 

残念ながら1?2ヶ月ですぐにペニス増大を自覚できるほど旨い話はありません。

 

ペニスの成長期が終わった男性であれば最低でも4ヶ月から半年はギムリスを根気よく飲み続ける必要があります。

 

 

 

また、一般的にペニスのサイズは「長さ」が重視されている傾向にありますが、ギムリスに含まれるL-シトルリンとクラボワスカはペニスの「勃起時の太さ」を増大させる効果がより強いです。

 

 

 

実は女性はペニスの長さについてはそこまで多くを求めていないという調査結果があります。

 

成功時に奥の方までペニスが届くのは確かに女性にとっても喜ばしいことですが、しかしそれは体位によっていくらでも調整できるもの。

 

しかし太さについては体位をいくら変えたとしても物理的に太くするのは不可能です。

 

ですからパートナーのペニスには太さを求める女性のほうが多いのです。

 

 

 

ギムリスは「男性の見栄」よりも「女性が求めるペニス」を作り出せるという点で優れていると言えるでしょう。

 

 

 

●ギムリスを継続的に飲んで中長期的に男性機能を高めよう

 

ギムリスのペニス増大効果は基本的にはギムリスを飲まなくなっても継続します。

 

半永久的にとまでは言えませんが、飲まなくなったら1ヶ月程度でペニスが元に戻るような従来の精力剤とは違うのです。

 

 

 

現在ペニスの太さや持続力、回数などに不満がある男性はギムリスをまずは半年程度試してみることを強くお勧めします。